3

「パパ活」女子に危険な代償 完全買い手市場の厳しい実態

2017年10月6日 17時00分

パパ活に励むA美さん

[拡大写真]

年ごろの娘は大丈夫か…。若い女性が自分の魅力と引き換えに、裕福な紳士から経済的支援を受ける、いわゆる「愛人探し」は相当昔から存在してきたが、最近では、気安く「パパ活」と呼ぶようになった。スマホ一つで、誰でも“パパ”を探せる便利な?時代だが、実はこれが完全に買い手市場。悪い男にヤリ逃げされる“パパ活詐欺”の実態を追った。

古くは「愛人バンク」、つい最近までは「援助交際」だったが、いまや「パパ活」という...

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    危険も何も最初からソレ狙いだろ。まさか、本当に金だけ恵んで貰えるとかカマトトなガキじゃあるまいにw

    1
  • 匿名さん 通報

    売春って言うと感じ悪いからさ。将来的な結婚を前提に、まずは学生生活の為の学費や生活費を支援して貰って、就職など人生の身の振り方を済ませてから、結婚を考えるための支援・・みたいな?w

    0
  • 匿名さん 通報

    一夫多妻制を支援している訳だな。

    1
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!