3

物議醸す「小池公約」 突っ込みどころだらけ「12のゼロ」

2017年10月7日 17時00分 (2017年10月8日 13時52分 更新)

12のゼロを掲げた小池氏

[拡大写真]

 小池百合子都知事(65)が率いる「希望の党」が6日に発表した衆院選(10日公示、22日投開票)の公約が物議を醸している。消費税率10%への引き上げ凍結、原発ゼロと聞こえのいいものからブラック企業ゼロ、花粉症ゼロと、首をかしげたくなるものまでさまざま。さらに小池氏の名前にかけた経済政策「ユリノミクス」には、とんだチャチャが入れられているのだ。

 小池氏がアベノミクスに取って代わる新経済政策とタンカを切ったのが、自身の百合子の名をもじった「ユリノミクス」だ。ただ、発表直後からネット上では突っ込みの声が相次いだ。

 英語で「urine」(ユリノ)が尿を意味し、尿の成分を識別する「urinomics」の単語まで既に存在していた。「小池氏は英語が堪能なのに調べなかったのか。造語にしても別の言葉にすればよかったのに」「英語圏でこの響きは最悪」「日本マネーを垂れ流すということ?」と散々な言われよう。言葉いじりされてしまったともいえるが、突っ込みたくもなる公約の“軽さ”だった。

 まず、「3本の柱」として打ち出したのが2019年10月に予定される「消費税10%への引き上げ凍結」と「2030年までの原発ゼロ」、そして「憲法改正」。

 消費増税凍結で代わりとする財源は、大企業の内部留保への課税とハードルは果てしなく高い。原発ゼロは2030年までとしたが、具体的な工程表を今後、作成するとなれば、脱原発派からも「口だけ」と眉唾に映るのも当然だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    「公約ブイヤベース」。1つ、2つくらい具が傷んでいてもバレはしない。

    2
  • 匿名さん 通報

    どんなに識者にぼろくそに言われても、12項目も公約を掲げるとそれで票になるご時世であることを百も承知の御仁です。あの人はどう批判されてもせせら笑っていることでしょう。

    2
  • 匿名さん 通報

    有権者が◯◯夫人みたいな人ばっかりだとは思いたくないけど...「何やるかはわからないけど、人気あるから一緒になるのがいいんじゃな〜い」ってTVで学会のおばさんインタビューに答えてて、げんなりした...

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品