2

「人違い」で押し通そうとした“ひき逃げ教授”の往生際の悪さ

2017年10月12日 17時00分 (2017年10月12日 20時52分 更新)

 今月4日に岐阜県七宗町の県道で無免許でマイカーを運転中に停車中の軽乗用車に追突し、女性に重傷を負わせ逃走した大学教授は、なんとも往生際の悪い男だった。

 自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで11日、逮捕されたのは岐阜大の教授、辻泰秀容疑者(59)。自宅から出てきた辻容疑者に捜査員が「辻さんですね」と声をかけると「違います」「私は辻泰秀さんではない」と人違いで押し通したという。捜査関係者は「勤め先の大学や自宅を把握し行動確認しているし、著名な大学教授でテレビにも出演しているようですし、ホームページにも顔がはっきり出ていて、どう見たって本人だった」とあきれ顔だ。

 車は近所の修理工場に出されていたにもかかわらず、事故についても「覚えていない」とシラを切り続け、逮捕後も変わらず身元を隠し続けているという。

「名乗らなければ新聞に名前が出ないとでも思っているのか…」と捜査関係者は、辻容疑者の往生際の悪さには閉口している様子。

 辻容疑者は4日午後2時30分すぎ、県道の左側に停車していた女性(66)の軽乗用車に追突。女性に頸椎捻挫の重傷を負わせたまま、無免許がバレると思ったのか、そのまま逃走。だが、女性が覚えていたナンバーから容疑者名義の車が特定された。

 同署によると、辻容疑者の免許は2011年に失効していた。「あて逃げ」と「ひき逃げ」は被害者が負傷しているかどうかで区別されるが、辻容疑者のケースはひき逃げと無免許運転。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    以前、酔っぱらった大学教授に電車で絡まれたことがあるが、大学教授って出来の悪い奴と真っ当な人との落差がとてつもなく大きい職業のように思える。

    0
  • 匿名さん 通報

    安倍のお友だち?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品