0

問い合わせ殺到! 自家発電ブームで「東京ガス」が招いた “大チョンボ”

2011年4月22日 17時00分 (2011年4月23日 16時34分 更新)

 関東一円の住民をイラつかせた計画停電。この騒動で、「自家発電器が飛ぶように売れる」という騒ぎが巻き起こったが、その最中に『東京ガス』が、思わぬ“役立たずぶり”を露呈していたことが発覚した。
 妻夫木聡のCMで有名な家庭用燃料電池『エネファーム』に問い合わせが殺到。ところが、これが停電時には使えないシロモノだったことが判明し、購入希望者から顰蹙を買いまくっているのである。

 経済部記者がこう話す。
 「計画停電で脚光を浴びた『エネファーム』は、都市ガスから取り出した水素と酸素を反応させて電気を作りだすというものだが、実は、電力会社からの電気がなければモーターが動かないシステムだったのです。しかも、運転中に停電すると、自動的に停止する。無理に動かそうとすると、故障の可能性さえあるという。このため、問い合わせた者たちからは、『使えねえ!』『中途半端!』との声が上がりまくっているのです」

 また、社会部記者はこう続ける。
 「『エネファーム』は、国の補助金があってかなり普及したシステムだが、補助金を除いても140万円程度する。そのため、今回改めて『東京ガス』から説明を受けた購入希望者からは、『単なる高級湯沸かし器じゃねえか!』との批判も続出しているのです」

 もっとも、こうしたシステム上の特徴は、当初から「東京ガス」のHP上に記されており、計画停電に慌てて購入しようとした消費者側にも非があると言わざるを得ないのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品