黒田清子さんの皇室待望論「両陛下が頼りにされているから」

2012年5月1日 07時00分 (2013年10月10日 23時33分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 まだ寒さの残る3月下旬、都内のあるスーパーの野菜売り場。1袋20円のもやしに2本の手が伸びた。手と手が触れ合うと、ひとりの女性客がハッとした様子で、「失礼いたしました」と頭を下げた。エコバッグを抱え、化粧っ気もほとんどなく、ラフな普段着姿のその女性客は黒田清子さん(43才)だった。

 決して贅沢することなく、少しでも安い食材を購入しようとする姿からは、どこにでもいる普通の主婦といった雰囲気が伝わってくる。

「清子さんは、比較的買い物客も少なくて、品物をゆっくりと選べる平日の午前中の時間帯によくお見かけしますよ」(常連客)

 また近所のコンビニでも、こんな姿が目撃されている。

「いつも大きな水のペットボトルを買っていかれるんですけど、会計は電子マネーで、ポイントカードもちゃんと貯めていらっしゃるようですよ。会計が終わると、いつも笑顔で“ありがとう”と店員さんに挨拶していかれるのが印象的ですね」(目撃した常連客)

 2005年11月に都庁職員・黒田慶樹さん(47才)と結婚し、皇籍を離れてから6年半の歳月が流れたが、かつて“サーヤ”と呼ばれ、国民から愛された紀宮さまは、“黒田清子”として見事なまでに一般社会に溶け込んでいた。

 そんな清子さんは、専業主婦として夫・黒田さんを支えている。最近では、都庁で勤務する黒田さんが建設局の課長補佐から課長に昇進したという報道もあった。

 慎ましくも幸せな家庭生活を送る清子さんだが、ここにきて、その身辺が慌ただしくなっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品