「手りゅう弾110番」福岡県警導入 実名通報で報奨金10万円

2012年6月15日 07時00分 (2012年6月15日 07時33分 更新)

 発砲件数、指定暴力団数ともに全国1位の福岡県。そんな福岡で他県警に先駆けてこの4月から始まったのが「手りゅう弾110番」制度だ。通報で手榴弾が押収されて被疑者も検挙されれば、通報者に10万円を目安として報奨金が支払われるという。匿名通報であれば、報奨金の総額は減ってしまうが、実名の通報であれば、1個につき10万円だ。

 実際、福岡県では過去、民家の玄関や小学校の通学路で手榴弾が発見されたケースがあり、専用の110番を設けるのも大いに納得できる。

 2003年には北九州市で「みかじめ料」を拒否した飲食店が暴力団員から手榴弾を投げ込まれ、従業員ら9人が重軽傷を負う事件が発生している。

 そんな凄惨な事件を繰り返すまいと、県警は2年前、これも全国初の「みかじめ通報ダイヤル」を設置した。暴力団員からみかじめ料や用心棒代、ショバ代などを要求された県民専用の特設ダイヤルである。

 他にも、暴力団から因縁をつけられたケースで専用回線で情報を募る「暴追ダイヤル」、暴力団による企業への恐喝・ゆすりを取り締まる「企業たかり遮断FAX」など、福岡県警にしか見られない特別対策が満載だ(県警に通報件数を問い合わせたが、「集計中のため答えられない」とのこと)。

※週刊ポスト2012年6月22日号

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品