0

テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(4)「ウソをウソで隠している」

2014年3月13日 09時56分 (2014年3月26日 09時09分 更新)

 韓国で慰安婦のおばあさんたちを担いでいる団体に韓国挺身隊問題対策協議会ってやつがあるらしいな。女子挺身隊とは日本の工場で働く女性のことを指していたんだが、それを慰安婦にすり替えて賠償金を取ろうとしているんだ。「慰安婦詐欺」を「女性の人権」という名目に置き換えているところを見れば巧妙なやり口であることがわかる。

 だから、俺は昨年末にグレンデール市の慰安婦像を撤去する、ホワイトハウスの請願を始めようと思ったんだ。署名の最終期限を1週間も残して10万人を突破するという偉業を達成した。これには驚いたね。日本人全体の勝利だな。現在、日本の国会でもこの件を見直す動きが出てきたし、地方議員の中からもこの問題を解決するために積極的に活動する人たちが出てきていると聞いている。

 まだまだ、言いたいことはたくさんあるが、4月から「アサヒ芸能」で連載することになったので、詳細については今後じっくりと話そうと思う。

 日本は米国がいちばん信頼している同盟国であり、日米同盟が機能しなければ、中国の共産主義者たちが虎視眈々とアジア地域の覇権を狙っている。チベットやウイグル、内モンゴルのようになりたくなければ米国と日本はさらに進んだ関係を作るべきなんだ。

 日本と米国に神の祝福がありますように!

トニー・マラーノ

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品