韓国「はちゃめちゃウリジナル」一挙出し!

2015年4月14日 07時00分 (2015年4月18日 15時33分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
あれもこれも「我々のもの」。危うい自尊心を満たすための哀しい性だと笑うもいいが、事は実害を伴っているのだ!


うららかな陽光を浴びて咲き誇る桜の季節――。

桜はパッと咲き、パッと散ることから日本人の潔さを表すともいわれる。外国からも、その"日本の桜"を愛でようと多くの観光客が訪れているが、世界中でただ一国、日本の桜の代表的品種であるソメイヨシノを「我々のもの……」と、主張する国がある。

「韓国では、済州島などに自生する王桜をソメイヨシノの起源と言い張って譲りません。韓国山林庁の研究機関がDNAを分析した結果、突き止めたというんですが……」(全国紙のソウル支局員)


もちろん、歴史的かつ科学的根拠のある話なら、日本人として聞く耳を持たなくてはならない。

しかし、そもそもソメイヨシノは、挿し木で人工的に繁殖させたもの。自生していることはありえないから、その時点で韓国の主張はアウト。

それを堂々と「我々のもの」と言い張るとは……。

「これまでは、桜とともに同じく日本から伝わった風習である花見が屈辱の日本併合時代を思い起こさせると言われていましたが、実際には韓国でも定着している。さすがに今さら花見をやめさせることはできないため、ひねりだした奇策だとか」(前出の支局員)


こうした例は多岐に渡り、

「何でもかんでも、"我々が起源"という韓国の主張を"ウリジナル"と言います。"ウリ"はハングルで"我々"を意味し、これを"オリジナル"に組み込んだ造語。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品