0

30代から始める老後の備え。老人ホームの種類と費用

2015年12月29日 12時02分 (2015年12月30日 11時13分 更新)

30代から始める老後の備え。老人ホームの種類と費用(写真=Sodan) (ZUU online)

[拡大写真]

30代で未婚。このまま結婚しないで一人暮らしが続けば、将来は老人ホームに入居することになるのかな・・・と、なんとなく思っている方もいるかと思います。

老人ホームに入居する場合、一体いくらかかるのか、どれくらい貯めておけばいいのかが気になりますよね。今回は老人ホームにかかる費用をテーマに解説したいと思います。

■老人ホームの種類と入居条件

一言で「老人ホーム」と言っても、リハビリに重点を置いた「老人保健施設」、常に介護が必要な場合の「特別養護老人ホーム」、同じく常に介護が必要な方向けの「有料老人ホーム」、認知症の方が少人数で共同生活をする「グループホーム」など、サービス内容や目的、費用、入居条件など、その種類は様々で幅広いのです。

施設内での生活も、一通りの事は自分で行い入居前とさほど変わらないような施設もあれば、優雅に余生を過ごす高級ホームもありますし、寝たきりの方が入居している施設もあります。

ここでは大枠で捉えられるよう、運営母体の違いと、介護必要度について書いていきます。まず、「老人ホーム」と呼ばれる施設を大別すると公営と民営にわかれます。

◆公営の老人ホーム

公営には、社会福祉法人や地方自治体などが運営する福祉施設で、「軽費老人ホーム」というものがあります。自治体の助成を受けており、有料老人ホームと比較すると安い利用料でサービスを提供し、主に要支援の高齢者、特に75歳以上の後期高齢者を受け入れています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品