0

アマゾンCEOのベゾスは「1日8時間睡眠」 ビル・ゲイツやティム・クックも7時間眠っている

2016年1月28日 05時00分 (2016年2月1日 17時31分 更新)


みなさんは毎日、どのくらいの睡眠時間を確保できているでしょうか。かのナポレオンの睡眠時間は、1日4時間だったと言われています。毎日決まった時間に寝ている人もいれば、不規則な人もいるかもしれません。


ビジネスパーソンは、高い成果をあげる人たちの睡眠習慣が気になることでしょう。11月13日付けのForbes誌にアリス・ウォルトン氏が寄稿した記事は、21人の成功者の実態を紹介。意外にも十分な睡眠時間を確保している人は多いようですよ。(文:夢野響子


オバマ大統領は「午前1時~7時」の6時間


まず、1日7時間の睡眠をとっているのは、以下の5人の有名人。いずれも世界トップの経営者ですが、同じ睡眠時間でも就寝時間と起床時間は実にさまざまです。


・マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ(午前0時~7時)
・アップルCEOのティム・クック(午後9時半~午前4時半)
・ハフィントンポスト編集長のアリアナ・ハフィントン(午後10時~午前5時)
ツイッター創設者のジャック・ドーシー(午後10時半~午前5時半)


米国の有名な政治家・気象学者の故ベンジャミン・フランクリンも7時間(午後10時~午前5時)だったとか。やはり早寝をする人が多いようです。


米国のオバマ大統領は6時間睡眠で、午前1時~7時とやや遅寝。AOLのCEOティム・アームストロングは、午後11時~午前5時だそうです。ヤフーのマリッサ・マイヤーは午前0時に就寝し、睡眠時間は4~6時間。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品