0

2016年名字アクセスランキング…5年連続1位は?

2016年11月25日 12時15分 (2016年12月2日 11時37分 更新)
 名字情報検索サイト「名字由来net」を提供するリクルーティングスタジオは11月24日、「2016年名字年間アクセスランキング」を発表した。1位は5年連続で「佐藤」が選ばれた。2位には前年3位の「五郎丸」がランクアップした。

 「2016年名字年間アクセスランキング」は、2015年11月1日~2016年10月31日の集計期間において、アクセス数が多かった名字をランキング化したもの。サイトでは、100位までの順位を発表している。

 1位にランクインしたのは「佐藤」。全国人数が約189万4,000人と日本でもっとも多い名字で、年間アクセス数は5年連続の1位となった。

 解説によると、「佐藤」は中臣鎌足天智天皇より賜ったことに始まる氏で、「藤」は藤原の氏を表す。藤原秀郷の子孫の左衛門尉公清が佐藤を称して始まったとされる。「佐」は下野国佐野庄、または左衛門尉の職名を表しているという。

 2位は、ラグビーの五郎丸歩選手の名字としておなじみの「五郎丸」。前年の3位からランクアップし、2015年から引き続いて話題の名字となった。3位は「八月一日」。読みは、「ほずみ」「はっさく」「やぶみ」「ほづみ」。全国に約80人しかいないという珍しさ、読みの難しさなどからアクセスを伸ばしたようだ。

 4位は全国で2番目に人数が多い「鈴木」、5位は全国に約10人しかいない珍名字「勘解由小路(かでのこうじ)」が入った。トップ5は、順位の変動はあるものの、前年と同じ顔触れだった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品