24

カジノ法案採決で山本太郎が議場に向かい「セガサミーやダイナムのためか」と本質を絶叫! でもマスコミは

2016年12月17日 12時30分 (2016年12月22日 14時56分 更新)

「参議院議員 山本太郎」オフィシャルサイトより

[拡大写真]

国内で「病的ギャンブラー」と判断される人は全国で536万人にものぼるといわれており、そのうちの多くが、パチンコとスロットにのめり込んだ人たちだ。

 山本氏は13日の参院内閣委でも、パチンコやスロットなどによるギャンブル依存症の危険性を指摘しながら、国がこれまでほとんどケアをしてこなかったことについて、こう糾弾している。

「パチンコ・スロットのホール、全国のローソンよりも多い1万2000館。世界中にあるパチンコ・スロットの機器が720万台中で、3分の2が日本にある。これ、誰がつくり出したんですか? 国ですよ。政治ですよ。それに対する依存症患者がたくさんいると思われる。すでに重症化している人たちたくさんいますよ(略)。それを国として野放しにするような状況で、ずっとエスカレートさせてきた現実があるじゃないか。カジノ解禁、じゃないんだよ。IRがどうしたって話じゃないんだよ。まず目の前のここに対策しろっていう話だと思うんですよ。それが政治なんじゃないのか?」

 だが、安倍政権はこうした問題を置き去りにしておきながら、カジノ解禁法案についてほとんど議論することなく、強引に成立へと導いてしまった。その拙速な成立の裏には、山本氏が国会で「セガサミー(のため)か?」と叫んだように、安倍首相とセガサミーホールディングス会長・里見治氏の"蜜月関係"があるとみられている。
 
 パチンコ業界大手のセガサミーは、12年に韓国のカジノ企業と合弁会社を設立、来年4月には韓国・仁川に大型カジノリゾートをオープン予定で、今回のカジノ解禁法案の恩恵を大きく受ける企業だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 24

  • 頑張れ山本太郎! 通報

    貧富の差が増大するのみならず、犯罪を助長し、税収も無く、業者や業者と癒着した政治家が恩恵を被るだけのギャンブル法案、絶対反対!作るなら大阪だけにしてくれ!

    46
  • ノラ猫さん 通報

    ナイス!この人には無条件で支持表明。

    43
  • ノラ猫さん 通報

    パチンコは元を辿れば朝鮮利権に行きつくから、朝鮮ズブズブの野党の内ゲバ闘争になるだけだけどな。 あの赤旗ですらパチンコ利権は扱ってないんだからw

    32
  • ノラ猫さん 通報

    バカ太郎はこう叫ぶが、パチ業界としちゃIR法案成立はマズイ(とりあえずな) この法案は賭博を政府管理下に置く為なんで、野党支持するアチラの人達にとっちゃ困るんだよね(笑)

    27
  • ノラ猫さん 通報

    馬鹿らし… 全国のどこにいくつのカジノ作られるか、そこにどういう人が行くのか、そしてそれがパチンコや現在ある公営ギャンプルとどう違うのか、しっかり考えてから記事書きなよ

    24
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品