5

カジノで借金の大王製紙元会長、日本カジノには悲観的 「作ってもうまく行かない」

2017年1月5日 05時59分 (2017年1月23日 18時30分 更新)

「カジノの経営は実に難しく、日本企業が手を出しても黒字にはならないと見ています。裏カジノは別ですが、世界に展開するアングロサクソン系の企業が運営するカジノでは、1つの賭け場の周囲には10個前後の監視カメラが付いている。そのうち半分は運営する会社、残りは政府が設置している。政府からお金の流れが厳密に監視され、自前の監視装置にかかるお金やディーラーなどに支払う人件費もバカになりません」


 カジノをする場所を“平場”“ザラ場”と呼ぶが、


「大勢の人達がバカラなどに興じるカジノでは、賭け金は1回1000円単位と少額で大半が赤字。実はカジノが儲けを出している場所は、過去に私がハマったように、人目に付かない個室。そこで億単位でやってくれる顧客がいて、黒字を出すのです。そういったVIPの扱いに日本人は慣れていない。直ぐに誰々が来たとかバラしちゃう。ちょっと飛行機に乗れば、マカオやシンガポールにたくさんカジノがあるわけだから、日本のVIPは海外に行くでしょう。また欧米人は米国や欧州のカジノを好むので、わざわざ日本のカジノには来ないと思いますね」


 とすれば、お隣、中国人のVIPが来ると予想する。


「彼らは基本的に手ぶらで来ます。最初遊んで、ある程度信用ができれば、カジノは20億円くらいは平気で貸す。そこで問題となるのは、彼らが負けた場合、日本人が中国まで取立てに行かなければならなくなることです。シンガポールやマカオでは、長年の経験から強面の人達を使ったりして取立てるノウハウがある。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    はまった愚か者だけど、的は得ている。

    10
  • 匿名さん 通報

    監督官庁がどこか?だが、官僚にとっては利権と天下り先を確保する事が重要であって、個別のとりっぱぐれはどうでもいいんだろう。税金を投入させれば済むことだし。

    1
  • おそまつ 通報

    一番ギャンブル依存症になる原因は完全にパチンコパチスロ。 5000万以上負けてる俺がいる… 周りはサラ金当たり前だった。 パチンコ無くせ!

    1
  • 匿名さん 通報

    経営者のくせして金勘定も出来なかったグータラ。

    0
  • 匿名さん 通報

    分からないところが分からないなら問題外だけど、問題となる箇所が把握できているなら騒ぐほどの問題はないよ。自省の本を出版したはずなのに自慢話しか書いていない人の理解は、所詮はその程度ということだ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品