0

ドローンでスープ配送=世界初の実証試験―福島

2017年1月12日 19時23分 (2017年1月12日 23時57分 更新)

 経済産業省や新エネルギー・産業技術総合開発機構、福島県などは12日、福島県南相馬市で、自律制御飛行の小型無人機(ドローン)を使った荷物配送の飛行試験を行い、約12キロメートル飛ばすことに成功した。県によると、プロペラ式の自律飛行で10キロメートル以上の長距離を飛ばすのは世界初という。

 試験は、同市にあるロボット実証区域内で実施。ドローンは時速約40キロで約15分かけて目的地の海水浴場に到着し、保温容器に入ったスープ約500グラムをサーファーが受け取った。

 試験には、ドローンを使ったビジネスを検討しているNECや楽天なども参加した。荷物配送だけでなく、災害時の緊急物資輸送での利用も考えているという。 

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品