6

つんく♂さん、声を取り戻していた 喉頭ガンによる声帯摘出から2年

2017年1月17日 15時59分 (2017年3月21日 18時20分 更新)

 シャ乱Qのボーカルで音楽プロデューサーのつんく♂さんが、喉頭ガンのため声帯を摘出したのは2014年10月のこと。その翌年4月に母校・近畿大学の入学式で、声を失ったことを発表した光景は、いまだ記憶に新しい。そのつんく♂さんが、いま食道発声法によって「意思疎通が出来るようになってき」たことを、1月18日発売の新潮45・2月号の特集「病の『人生学』」に寄せた手記で明かした。


 ***


 食道発声法とは、声帯を失った人が口や鼻から空気を取り込み、それを逆流させて、食道入口付近の粘膜を振動させることによって声を出す、という方法である。練習を要し、なかなか習得できないために諦めてしまう人も多いらしい。つんく♂さんも自分で試したときは全く音にならなかったという。しかしレッスンの最初の日に「あ」というような音が出せた。以来、練習を重ね、現在、騒がしい場所ではスマホのアプリを使って文字を書いて会話をしてはいるけれども、


「今は家族やスタッフとは何とか意思疎通できるようになってきました」


「声帯を失った今、不幸せかというと、決してそうでない」とつんく♂さんは語る

 と、記すのである。その声は「特殊な音質」で「雑音に弱い」が、静かな場所であれば、会話が可能なのだという。
 喉頭摘出者の先輩によって行われる食道発声のレッスンはネットや本とは違って分かりやすかったそうで、ものを「教える」立場から、「教わる」立場に変わって褒められることの素晴らしさを実感したという体験談は、いかにもつんく♂さんらしい。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    やっぱり努力家なんだなあ。応援しています。

    26
  • 匿名さん 通報

    トレーニングは大変らしいですね。あと記事読んで某漫画の「不自由であることと不幸であることはイコールじゃない。」のセリフ思い出しました。つんくさん、素晴らしいです。

    7
  • 匿名さん 通報

    そんな方法もあるんですねえ

    5
  • 匿名さん 通報

    同じ病気の方にとって明るいニュースですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    応援します。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品