0

東京・調布市の男性殺害、ベランダ下のパイプに足跡

2017年2月17日 19時54分 (2017年2月17日 21時30分 更新)
 
 16日、東京・調布市の都営アパートの一室で住人の山本一夫さん(89)が、ベッドの上で顔から血を流して死亡しているのが見つかった事件です。
 これまでの調べで、玄関のドアは施錠されていたことがわかっています。その後の警視庁への取材で、2部屋ある和室のうち現場となった和室の窓の鍵は閉まっていましたが、隣の和室の鍵が開いていたことがわかりました。

 さらに、ベランダの下を通る直径およそ10センチのパイプから靴底の跡が見つかったことから、警視庁は何者かが山本さんを殺害した後、隣の和室に移動し、窓からベランダに出て逃走したとみて、当時の状況を詳しく調べています。(17日18:18)
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品