2

殺人容疑で59歳女逮捕=9年前の女性殺害事件―警視庁

2017年4月21日 12時03分 (2017年4月21日 23時57分 更新)

 東京都東村山市本町の都営アパートで2008年、同市美住町の無職手島公子さん=当時(73)=が殺害された事件で、警視庁東村山署捜査本部は21日、殺人容疑で、現場の隣の部屋に住む無職の女(59)を逮捕した。容疑を認め、「大変なことをしてしまった」と話しているという。女は統合失調症で入院歴があり、捜査本部は責任能力について慎重に調べる。

 逮捕容疑は08年10月8日午前7時半〜午後3時ごろ、アパート一室で、刃物とみられるもので手島さんの首や胸を刺すなどして殺害した疑い。

 捜査本部によると、手島さんの指の爪から採取された付着物のDNA型が、女とほぼ一致したことが16年6月に判明。複数回にわたり話を聴いていた。 

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    いま健康に問題が無い人はDNAについて無頓着だけど、病気や遺伝に少しでも問題ある人のことを考えてみては。それが漏れたら? 偏見や差別の問題が起きたりしないかな? 国や機関は信用できないし。

    1
  • 匿名さん 通報

    コメントするニャ!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品