7

強行採決許すな!「共謀罪は全ての人に萎縮をもたらす」周防正行、平野啓一郎、柳広司...表現者たちが猛反対の声

2017年5月17日 12時38分 (2017年5月22日 22時59分 更新)

共謀罪に反対する周防監督(アルタミラピクチャーズ公式HPより)

[拡大写真]

 自民党が今国会での強行成立を目論んでいる共謀罪法案。金田勝年法相がいまだかつて一度もまともに答弁ができていないような状態であるのに採決してしまうとは「数の力」による横暴以外のなにものでもないが、一方、日に日に共謀罪に反対する声は大きくなっている。とくに表現者から「絶対に反対」という強い発言が相次いでいるのだ。

 本サイトではすでに、マンガ家の山本直樹氏やASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文氏、作家の浅田次郎氏らが共謀罪にNOと声をあげていることを伝えたが、同じように警鐘を鳴らす表現者はまだまだいる。

 そのひとりが、ハリウッドでもリメイクされた『Shall we ダンス?』などで知られる映画監督周防正行氏だ。周防監督は加瀬亮主演で刑事裁判の不条理を描いた『それでもボクはやってない』を監督したことから、「新時代の刑事司法制度特別部会」の委員にも選出。取り調べの可視化など刑事司法改革を訴えてきたが、今回の共謀罪にも猛反対している。

 たとえば、5月12日に出演した『報道ステーション』(テレビ朝日)では、一般人は捜査対象にならないと無根拠に言い放つ金田法相の国会答弁のVTRを受けたスタジオトークで、周防監督は開口一番「一般の人も対象になります」と明言。すかさず富川悠太キャスターは「って言いたくなりますよね」と合いの手を入れたが、周防監督は「いや、言い切れます」と断言し、こうつづけた。

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    共謀罪で騒いでる人間って左翼ばかりのような気がする。。 何か都合が悪いことでもあるのかな?

    6
  • 匿名さん 通報

    反対派=革マル&中核派

    4
  • 匿名さん 通報

    抜け穴だらけだよなぁ? 集団でやったとしても、一匹 一匹が単独です。と言えば終わりだよ?┐( ̄ヘ ̄)┌

    2
  • 匿名さん 通報

    共謀罪について考えようともしない連中は想像力なさすぎる。頭の中身変えたほうがいいよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    ストレス解消法のデモ活動に支障が出たらどうするんだ!!に聞こえる。権力者を監視するメディアや活動家もまた権力を持っていると心得るべし。捏造や好き勝手暴言を吐く事は権利とは違う

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品