74

過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」

2017年7月6日 19時13分 (2017年7月10日 17時31分 更新)

『週刊少年ジャンプ』に掲載された「ゆらぎ荘の幽奈さん」(作:ミウラタダヒロ)という作品の性表現が子どもに悪影響を与えるのではないかという声が上がり、波紋を呼んでいる。


7月3日発売の最新号の巻頭に、同作品のキャラクター人気投票の結果がカラーで掲載されている。女性キャラクターたちは水着がはだけてしまっており、顔を赤らめて恥ずかしがったり、戸惑って涙を浮かべたりしている。乳首や局部は隠されているが、ほとんど裸だ。


この表現が問題だと感じた人がいたようだ。弁護士の太田啓子さんは7月4日、



「息子には少年ジャンプは読ませない。息子をもつ保護者の皆さん。少年ジャンプ編集部に抗議を。どうかと思うよ」


と投稿。表現を問題視する人々と、規制に反対する人々との間で議論が繰り広げられることになった。


「嫌がっている相手の意思を無視して性的行為を行うのが普通のことだと学んでいく」



この表現に反対する人々が問題視したのは、裸にされた女性キャラクターたちが一様に嫌がっているということだ。それを娯楽にとして子どもに見せるのは危険ではないのかという声が相次いでいた。



「女の子の体をパーツをデフォルメしたり物のように扱ったり嫌がっていても大したことではなく楽しいことのように表現したりするのは、子供が誤った認知をする可能性が高いから止めてほしい」


ジェンダー研究が専門で大阪大学教授の牟田和恵さんも「こうして子供の頃から、女性をただ性的対象物として見ること、嫌がっている相手の意思を無視して裸にし性的行為を行うのが普通のことだと学んでいくんですね」と憤慨する。


7月6日には太田弁護士が再度、自身の主張をツイートした。「性暴力を娯楽とする表現から息子を遠ざけたいだけで、性表現全てから息子を遠ざけたい」わけではなく、あくまでも「セクハラを娯楽として描くのは問題」だと考えているという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 74

  • 匿名さん 通報

    お勉強さえで出来てれば良い、そんな価値観で、大人はいつもエロを規制したがる、そのツケが草食男子を生んでいるのじゃないのか!!一方で、一部の高学歴者が平気で性犯罪をする!!

    80
  • 匿名さん 通報

    エロが問題なんじゃなくて嫌がっている女性に無理矢理」ってところが問題なんでしょ。息子をごーかん魔の「女も喜んでた」ってメンタリティにしたくないんじゃないの

    62
  • 匿名さん 通報

    思春期の少年を母親が管理する方がよほど成長に悪影響だが??女親による歪な男に成人したら実社会不適応者にしかならない。まぁ、そんな連中ばっかだから今の日本社会の惨状なんだが・・・w

    60
  • 匿名さん 通報

    何を今さら 20年前からジャンプなんてそんなもん

    56
  • 匿名さん 通報

    40年以上前からだよ。ハレンチ学園の頃から。文明が発達すると人間が犬猫化するんだよ。外国の学者が予言してる。

    45
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品