<青色ザリガニ>脱皮後、確認 栃木の昆虫館

2017年8月13日 10時38分 (2017年8月13日 13時06分 更新)

見つかった「青色のアメリカザリガニ」=栃木県那須塩原市で2017年8月12日、柴田光二撮影

[拡大写真]

 栃木県那須塩原市中塩原の箱の森プレイパークにある昆虫館「自遊館童夢」館長の君島章男さん(60)が先月、同市内で体色が青みがかったアメリカザリガニを見つけた。アメリカザリガニはこげ茶褐色が一般的で青色は珍しいという。

 君島さんによると、市内の鳥野目地区で実施した水生生物調査で発見したという。当初は茶色とみられていたが、11日に脱皮したところ、体全体が青みを帯びていることが確認されたという。

 体長は約6センチで生後半年ほど。君島さんは「青色ザリガニを確認したのは初めて。色素の異常とみられるが、成長しても青色なのか観察して確認したい」と話している。

 このザリガニは昆虫館で展示している。問い合わせは同館(0287・32・3018)。【柴田光二】

注目の商品