4

安倍首相がトランプ大統領と"対北朝鮮戦争"への参加を勝手に約束! 米国との軍事一体化で日本も攻撃対象に

2017年9月4日 23時00分 (2017年9月11日 22時38分 更新)

首相官邸ホームページより

[拡大写真]

 昨日3日、北朝鮮が6回目の核実験を行なった。大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載できる水素爆弾の実験を成功させたと主張している北朝鮮に対し、アメリカのマティス国防長官は「我々は北朝鮮という国家を完全に壊滅させようとは思っていないが、そうするための選択肢は多数ある」「米本土またはグアムを含む海外領土、あるいは同盟諸国に対するいかなる脅威も大規模な軍事対応をもって迎えられる」と警告。米朝軍事衝突の危機は高まっている。

 最初に言っておくが、もちろん今回の北朝鮮による核実験の強行は、国際情勢の緊張をやみくもに煽るものであり、強く批判されねばならない。だが、それ以上に恐ろしいのは、安倍首相が、国民の知らぬところで、勝手に"米朝戦争"での「相互防衛」を約束していたことだろう。

 この間、北朝鮮情勢についてアメリカ側と協議してきた安倍首相は、昨日の核実験後もトランプ大統領と電話会談を行なったが、時事通信によれば、ホワイトハウスが本日書面で発表した日米首脳電話会談の内容には「両首脳は2国間の断固たる相互防衛の約束を確認した」と説明されていたという。他方、日本政府は、核実験後の電話会談で「相互防衛」について話したことを明かしていなかった。

 ようするに、安倍首相はトランプ大統領に対し、北朝鮮と米国の軍事衝突が発生した場合、日本が安保法制に基づいて集団的自衛権を行使し、自衛隊が軍事的な作戦に参加することを確約した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    この記事がもし真実なら大問題。即刻総理を辞めさせなければならない。

    7
  • 匿名さん 通報

    リテラは国政報道を禁止して欲しい!全て主観での記事で客観性が無いので悪意を感じる!どこの国の会社なの?

    5
  • 匿名さん 通報

    <最初に言っておくが、もちろん今回の北朝鮮による核実験の強行は、国際情勢の緊張をやみくもに煽るものであり、強く批判されねばならない。> 言い訳がましい一文ですね。 人生で初めて書いた一文でしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    まぁなんていうか、何をやっても与党なら文句をつけるのが日本のいわゆる左向きのメディアで、特にここは左側の 政党が何をやっても文句のひとつも言わないんだよね

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品