70

神奈川・大磯町の中学校給食、不評で大量の食べ残し

2017年9月14日 19時34分 (2017年9月15日 00時00分 更新)
 
 神奈川県大磯町で去年から始まった中学校の給食に不評の声が相次ぎ、教育委員会が対策を検討していることがわかりました。
 食べ残されたブロッコリーにサラダ。これは、大磯町の町立中学校で今年7月に提供された給食の残りです。大磯町によりますと、去年1月から2つの町立中学校で給食が導入されましたが、「味が薄い」「おかずが冷たい」など、生徒から不評の声が相次ぎました。食べ残しの割合は平均26%で、多いときで55%に上ったということです。

 こうした事態を受け、町の教育委員会は今月から、温かい汁物に食べ残しの多かった野菜を加えるなどの対策を講じたほか、生徒の状況に応じて、弁当を持参できる「選択制」の導入も検討しているということです。教育委員会は、「深刻な状況だと痛感している。今後、学校などと相談しながら、食べ残しを減らす努力をしていきたい」とコメントしています。(14日17:51)

コメント 70

  • 匿名さん 通報

    食べざかりの子供がこんなに残すって…相当まずいんだろうな。子供なりの抵抗だろう。

    71
  • 匿名さん 通報

    この給食供給業者の選定はどういう方法での選定だったんだろうねぇ...w。

    53
  • さてさて 通報

    これって給食なの?どうみても弁当屋の弁当にしか見えないんだが今時の給食ってこんなんなのか?何ワガママ言ってんだ?と思ったけどコイツは頂けないないぁ。

    43
  • 匿名さん 通報

    給食代として徴収している以上は消費者の声に応えることは当然の対応だろう。たとえ栄養価など提供者側の能力の範囲で最大限に考慮したものであっても。

    36
  • 匿名さん 通報

    給食というよりはお弁当にしか見えない。これなら生徒たちに好きなお弁当を選ばせた方がいいんじゃないの?

    35
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品