5

新国立競技場の観客席など、実物大の模型公開

2017年10月13日 17時41分 (2017年10月13日 19時00分 更新)
 
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の観客席などの実物大の模型が、公開されました。
 観客席の実物大の模型に実際に座ってみると、前の席より高さがあり、見通しがとても良く感じます。ずらりと並ぶ座席、現在建設が進む新国立競技場の観客席の実物大の模型です。座席の色は5色で、遠くから見たときに森の中の木漏れ日をイメージした迷彩柄になるように配色される予定です。また、日本の杉の木を使ったひさしやスタンドの出入り口の模型も公開されました。

 これらの模型は、図面ではイメージできない大きさや質感、使い勝手などを検証するのに使われるということです。(13日16:52)

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    模型て…どんだけ金使う気なんだろ抑える気皆無やん。フランス検察当局が電通絡みの誘致不正掴んでるんだし開催前提はもうやめたらいいのに。東京都民は怒らないの?

    1
  • 匿名さん 通報

    国立競技場を取り壊す必要があったのか疑問、取り壊して金が動き 造っては金が動く、

    1
  • 匿名さん 通報

    19:21←とりあえずド田舎の県民はエセ関西弁つかうな。だろやろ やろだろ やね やね だがやがな 穢れ根性が!盗京に行ってパワハラ受けて自殺するか、金属パイプリンチ集団にグチャグチャにされとけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    モックアップじゃ?

    0
  • 匿名さん 通報

    20:32>それが頭狂朴李穢土人民ゲロ壺腸汚栓共和国の手口。税金パクって脱法プール。利益は我利我利亡者の懐へ。巨額費用に騒いだマスゴミは一転、五輪まんせー放送に。札束ビンタのヨガリ声かw

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品