2013年WBC「侍ジャパン最強メンバー28人」選出ウラ側 vol.1

2012年9月17日 08時00分 (2012年9月19日 07時42分 更新)
土壇場でWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の参加を決めた日本プロ野球選手会。これで日本は来年3月、三たび「世界球界の頂点」を目指し、強豪国と戦うことが決まった。

すでに水面下では、代表監督の選定、そして「侍ジャパン」メンバーのピックアップが始まっている。
「監督候補で名前が挙がっているのは、前回WBCで優勝した原辰徳監督、2011年の日本一・秋山幸二監督、落合博満氏、山本浩二氏などなど。噂が飛び交っています」(スポーツ紙デスク)

招集選手の顔ぶれは、監督によって変わるが、「実際にプレーするのは選手。現在、日本野球のレベルは世界屈指といってもいい。強豪国相手とはいえ、3連覇は十分に狙えます」(前同)

WBCの出場選手枠は28人。前大会での侍ジャパンは投手13人、捕手3人、内野手6人、外野手6人という陣容だった。第3回も同様の選手構成になることが予想される。

まずは投手だ。WBCでは、投手の登板間隔、球数制限などの特別ルールが設けられ、先発投手が長い回数を投げることが難しくなる。また、今季の日本球界では、各チームの守護神に故障や不振が目立った。これらの事情を考慮すると、先発の投手を多めに選出し、ケースバイケースで、中継ぎ、抑えに回すという戦略が考えられる。

予想される投手陣13人のうち、世界に誇れる日の丸エースといえば、やはりダルビッシュ有黒田博樹のメジャー組だろう。
「ダルが所属するレンジャーズのワシントン監督も"WBCへ出場することを容認する。母国のために投げたいというのを止められない"と発言しています」(専門誌記者)

しかし、大リーグ評論家の福島良一氏は、投手に関しては出場させない球団も多いのでは、と見る。
「黒田については、ヤンキースのキャッシュマンGMが投手のWBCへの参加を否定していることもあり、ほぼ出場は不可能と思われます。ダルビッシュについも、監督の発言はあくまで私見。最終的にはダニエルズGMが決めることです」

現時点では、ダルビッシュはともかく、黒田の出場はかなり厳しい!?

しかし、日本の投手陣の層は厚い。06年の第1回WBCで日本代表のコーチを務めた野球評論家の武田一浩氏も、太鼓判を押す。
「たとえダルビッシュや黒田が出られなくても、杉内(俊哉)やマエケン(前田健太)がいるから心配ありません。日本でタイトルを争うようなピッチャーなら、世界でも通用しますよ」

武田氏によれば、WBCでは「一発勝負ゆえ、きっちりした慎重なタイプ」の投手のほうが、抑える率が高いという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品