0

ラグビー日本代表を改革した世界一苛酷な長期合宿とは

2015年9月30日 06時00分 (2015年10月24日 06時02分 更新)
ラグビーW杯初戦で優勝候補の南アフリカに奇跡の勝利! 第2戦のスコットランド戦は敗れたものの、我らがジャパンはなぜ“史上最大の番狂わせ”を起こせたのか? 

その裏には2012年からチームを率いる名将エディー・ジョーンズが課してきた“世界一厳しい練習”があったーー。選手が「理不尽とも思える仕打ちを受ける」とコボすほど過酷な、その強化法とは?

■一日中、心身ともに気が休まらない合宿

ラグビーW杯初戦で南アフリカを相手に大金星を挙げ、続くスコットランド戦では最終的に完敗を喫したものの後半途中までは接戦。ジャパンの激闘は日本人のみならず、世界中のスポーツファンの魂を大きく揺さぶった。

だが世紀の健闘は、決して幸運や相手チームの油断の助けを借りて達成されたのではない。南ア戦後、FフルバツクBの五郎丸歩(ごろうまる・あゆむ)はこう断言した。

「必然です。ラグビーに奇跡なんてない」

必然とは何を意味するのか? それは選手が「世界でこれほどやってきた国は、日本だけ」と口をそろえる3年間の猛練習と、その蓄積によってのみ可能となった周到な準備だ。『ラグビーマガジン』の田村一博編集長が語る。

エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は過去のW杯で、HCとして母国オーストラリアを準優勝させ、テクニカルアドバイザーを務めた南アを優勝に導きました。つまり、世界で勝つには何が必要かを知る人物。さらにサントリーでの監督、GM経験もあり、日本選手のこともよく理解している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品