岩村のヤクルト復帰への三大障害

2010年9月10日 15時30分 (2010年9月11日 14時44分 更新)
岩村は良い意味でも悪い意味でも目立ちたいタイプで、チームリーダーを自任している。若いチームのレイズではそれがはまって大成功したが、ヤクルトには自他共にチームリーダーを認める宮本がいる。岩村が前面に出ようとすれば、宮本と衝突するのは目に見えている。それでなくとも、「メジャーへ行く前のヤクルトでの岩村と宮本の関係は決して良好とは言えなかった」と球界OBが証言する。

 古巣・ヤクルト復帰には、そんな三大障害が横たわっている岩村だけに、日本球界復帰を目指すのならば、狙い目は巨人だろう。今季は5年目の脇谷亮太が二塁手のレギュラーの座をつかみ取ろうとしているが、攻守にミスの多い選手だけに、岩村の敵ではない。年俸も巨人ならば、なんの問題にもならない。売り込み先は巨人がベストだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」