羽生結弦「チャクラの仙人」が開発のパワーストーン着け演技

2014年2月20日 07時00分 (2014年2月20日 22時33分 更新)
羽生くんの衣装にはたくさんストーンが取りつけられていますが、これも菊地先生のアドバイスなんですよ」(前出・地元住民)

 シニアデビュー戦となった2010年のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会では初めて4回転を成功させ、羽生は4位入賞を果たす。

「この大会の前も羽生くんは、ジャンプの調子が悪いと菊地先生のもとを訪れていました。石に貼られたシールが古くなりペンダントの力が落ちていたそうで、先生はチャクラを入れ直した新しいシールに貼り替えてあげたんです。貼り替えるシールは込める念によって値段も違うそうですよ」(前出・地元住民)

 そして迎えたソチの舞台。そこには、あの菊地氏の姿もあった。トレーナーとしてソチ五輪の日本選手団に登録されていたのだ。

「先生も接骨院を1か月もお休みすることになるので迷ったと思いますが、羽生くんに普段通りの演技をさせるため、ソチ帯同を決意したそうです」(羽生家の知人)

 羽生は2才のころから喘息を患っている。今ものみ薬は毎晩2錠ずつ。吸入器も手放せない。冷たい空気は天敵でマスクも必需品だ。また肺を大きく開いて息を吸い込むことができないから、4分半、全力疾走するような運動量のフリーでは、後半必ず息苦しくなる。そして2012年9月、カナダでの練習中、本格的な発作に襲われた。新しい環境に慣れなかったことが大きな原因で、しばらくは食事も喉を通らなかった。

「そんなときも、先生のペンダントをつけていると、呼吸が落ち着いてくることがよくあったそうです。だからソチの舞台では、どうしても先生にそばで見守っていてほしかったのでしょう」(前出・羽生家の知人)

※女性セブン2014年3月6日号

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品