0

【柔道】山下泰裕氏“新ルール”セミナーから帰国

2017年1月9日 21時18分 (2017年1月10日 13時11分 更新)

帰国した山下泰裕副会長

 全日本柔道連盟の山下泰裕副会長(59)が9日、アゼルバイジャンで行われた国際柔道連盟(IJF)による審判コーチセミナーを終えて成田空港に帰国した。

 今月から試験的に導入される新ルールについて、IJFから各国の審判、コーチに正式に説明があった。日本からはIJF理事も務める山下氏のほか、全日本男子の井上康生監督(38)や女子の増地克之監督(46)など複数名が参加した。

 新ルールは「有効」「合わせ技一本」が廃止され、男子は試合時間が5分から4分に短縮されるなど大幅に変更されるが、山下氏によれば、最も関心を集めたのは組み手の部分。片襟や袖口を持つなどの反則行為が緩和されることに、質問が相次いだ。「『こういう場合はどうするか?』という質問はかなり出た。(各国が)一番気にしているのは組み手」。あいまいだった緩和の時間については「3~5秒」が目安で、すぐさま攻撃態勢に入ることが条件となることが確認された。

 また、ルールは8月の世界選手権(ハンガリー)後に正式決定となることが改めて通知され、山下氏は「盛んに言ってたのが、テスト形式ということ。8月の世界選手権後に見直した後は、2020年まで変えない。『混乱もあるけど、いろんな意見を寄せてほしい』ということだった」と話した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品