1

大仁田「今度こそ本当」の引退イヤーに狙うは「プロレス大賞グランドスラム」

2017年1月27日 16時47分 (2017年1月27日 20時11分 更新)

本紙・酒井社長(右)に引退を報告した大仁田

[拡大写真]

 プロレスラーの邪道・大仁田厚(59)が27日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪問し、本社・酒井修代表取締役社長に10月に迎える還暦での引退(日時、会場未定)を報告した。

「今度こそ本当に最後ですので、よろしくお願いします」とあいさつした大仁田に対し、酒井社長から「気が変わったら、またいつでも(プロレス界に)帰ってきてください」と慰留されたが「皆さん信じてないですが、今度こそ本当です」(大仁田)と繰り返した。

 さらに東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」にも言及。「ボクはあと技能賞だけ取ればグランドスラム達成なんです。(得意とする)机の上へのパイルドライバー一つ取っても、技能と認めてほしい。今年は技の一つひとつに名前をつけますので、最後に技能賞をお願いします」とアピールに余念がなかった。

 大仁田はこれまでに最優秀選手賞(1990年)、年間最高試合賞(90年、94年)、最優秀タッグ賞(2015年)、殊勲賞(91年)、敢闘賞(14年)を獲得しているが、技能賞には縁がなかった。最後は社内各部署を回り「皆さん、ありがとうございました。本当に今回が最後になります」と話すと、上機嫌で社を後にした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • ブラッシー血だるま 通報

    引退芸が技能賞

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品