1

フェデラーがマッチポイントを3つ逃し、予選勝者ドンスコイに敗れる [ドバイ・デューティーフリー選手権]

2017年3月2日 13時36分 (2017年3月4日 09時11分 更新)
 アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「ドバイ・デューティーフリー選手権」(ATP500/2月27日~3月4日/賞金総額242万9150ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が予選を勝ち上がったエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)に6-3 6-7(7) 6-7(5)で敗れるという大波乱が起きた。フェデラーはその過程で3つのマッチポイントを逃している。
 1月の全豪オープンで18度目のグランドスラム・タイトルを獲ったフェデラー。彼は第2セットのタイブレークでつかんだ3つのマッチポイントを生かすことができず、しかもその3つのチャンスのうち2つをアンフォーストエラーでふいにしてしまった。
「今日、僕は皆を驚かせたのだろうね」と世界ランク116位のドンスコイ。「ロジャーに勝った者は誰であれ、第一に自分が驚くのだと思う」。

 ドンスコイにとってはこれがフェデラーと対戦する初めての機会だったのだから、その挑戦はいっそう大きいものだった。
「プレッシャーが大きすぎて、最初は本当に厳しかった」とドンスコイ。「それは相手がロジャーだったからだ。その上、僕は彼と練習すらしたことがなかった」。
 フェデラーは第2セットのタイブレークでドンスコイがつかんだたった1つのセットポイントでフォアハンドをネットにかけ、試合を第3セットに持ち込まれてしまった。
 ドンスコイの夢の準々決勝進出は、第3セットの第6ゲームで彼がサービスゲームを落としたときに終わってしまったかに見えていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    ドンスコイ,ドスコイ!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品