<J1>ガ大阪、旗や横断幕などの使用、無期限で全面禁止

2017年4月21日 20時21分 (2017年4月22日 01時36分 更新)

記者会見するガンバ大阪の山内隆司社長=大阪府吹田市の吹田スタジアムで2017年4月21日午後5時33分、川平愛撮影

[拡大写真]

 サッカーJ1・ガンバ大阪のサポーターがナチス親衛隊の「SSマーク」に酷似した応援旗を掲げた問題を受けてガ大阪は21日、アウェーを含む全ての公式戦で、ガ大阪を応援する旗や横断幕などの使用を無期限で全面禁止すると発表した。また、使用したサポーターグループを特定し、所属する60〜70人を無期限の入場禁止処分とした。

 問題は16日のセレッソ大阪戦で発生。ガ大阪の聴き取りに対し、サポーターグループはマークについて「ナチス親衛隊を意味することは理解していたが、政治的思想はなくデザインの一環だった」と説明。少なくとも2010年ごろからグループのロゴマークとしており、シャツやジャンパーに使っていた時期もあったという。

 ガ大阪の山内隆司社長はこの日、大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで行われた大宮アルディージャ戦前に記者会見し「Jリーグ、サッカーを愛する人に不快な思いをさせた。二度と起こらないようにするのがクラブとしての責任」と謝罪した。【丹下友紀子

注目の商品