9

小出監督愛弟子・原裕美子容疑者「万引き逮捕」のなぜ

2017年8月18日 16時30分 (2017年8月18日 18時32分 更新)

原裕美子容疑者(写真は2007年)

[拡大写真]

 2005年の世界陸上ヘルシンキ大会で6位に入賞したマラソン元日本代表の原裕美子容疑者(35)が17日、栃木県足利市内のコンビニで万引きした窃盗容疑で足利署に逮捕された。容疑を認めている。13年の現役引退後も、復帰を模索し東京でトレーニングを積んでいたが、現在は地元に帰りスーパーで契約社員として勤務していた。数々の名ランナーを育てた小出義雄氏(78)の門下生で“最強日本の最終兵器”とまでいわれた原容疑者に一体何があったのか。

 原容疑者は先月30日午後4時15分ごろ、足利市大月町の「セブン―イレブン足利大月町店」で、化粧品、飲料、菓子パン、洋菓子、おにぎりなど8点(計2673円相当)を肩にかけたトートバックに入れて盗んだ疑いが持たれている。

 県警によると「自宅近くにもコンビニは複数あるが、現場のコンビニはJR足利駅を挟んで自宅とは南北に相当離れており、車で来店した」といい、品数の多さからも“魔が差した”というより計画性すら感じさせる。

 同容疑者は足利市出身。宇都宮文星女子高を卒業後、実業団の名門・京セラ入り。初マラソンの05年名古屋国際女子マラソンで優勝し、同年の世界選手権ヘルシンキ大会で6位に入賞した。当時は00年シドニー五輪でQちゃんこと高橋尚子(45)、04年アテネ五輪で野口みずき(39)と日本勢が2大会連続で金メダルに輝き、日本女子マラソンの黄金時代。同容疑者も両選手に続く“日本の最終兵器”と期待を集めた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    アスリートの第二の人生は厳しいのは分かっていること。理由などいい訳、犯罪者は逮捕または送検されろ。

    23
  • 匿名さん 通報

    初犯だとしたら社会的制裁が大き過ぎる。 田舎警察が注目を浴びたくてマスコミに発表しただけ!

    9
  • 匿名さん 通報

    病気でしょ。精神の

    5
  • 匿名さん 通報

    マラソン一筋の人生から外れて変に弾けちゃったか?

    5
  • 匿名さん 通報

    プロスポーツやそれに準じるアスリートのセカンドキャリアのカウンセリング体制の充実が望まれる。競技生活が終わってからの人生は長い。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品