0

【KNOCK OUT】那須川 破竹の20連勝

2017年8月21日 16時30分 (2017年8月21日 20時12分 更新)

元ムエタイ王者を寄せつけなかった那須川(左)

[拡大写真]

 キックボクシングイベント「KNOCK OUT vol.4」(20日、大田区総合体育館)で、“キック界の神童”那須川天心(19)が元ルンピニースタジアム2冠王のウィサンレック・MEIBUKAI(35=タイ)を3RTKOで撃破。立ち技でのプロデビューからの連勝記録を「20」に伸ばした。

 7月30日のRIZINさいたま大会で才賀紀左衛門を1RKOしたばかりの那須川は、この日も序盤から相手を圧倒。2Rにローブローを2度受けるアクシデントはあったものの、ほとんど攻撃らしい攻撃を許さず圧力をかけ続ける。3Rには顔面への左飛びヒザ蹴りで流血させるとTKO勝利を奪った。

 無傷で勝利を決める必要もあった。家族やジム関係者との富士山登山を控えていたからだ。那須川は「恒例行事として毎年、この時期に登っているんです。今年も試合が終わったらすぐ行くんです」と説明した。

 山小屋で1泊して翌朝に日の出を拝むスケジュールだが「これが、結構しんどいんですよ…」とポツリ。ちなみに家族の中でも特に母・由美子さん(42)が登山好きで、今回も楽しみにしているという。それだけに「母のためにも欠席はできない。ちゃんと登るためにも、ダメージを受けるわけにはいかない!!」と誓いを立てていた。那須川は試合後「足が少し痛いけど、問題ないです」と笑顔を見せた。

 これで高校生最後の夏休みの2連戦を終えた那須川は、過密スケジュールにひとまずの区切りをつける。富士山登山でリフレッシュした後、新たな高みを目指す。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品