<プロ野球>巨人オーナー、高橋監督続投方針

2017年9月13日 18時45分 (2017年9月13日 19時39分 更新)

巨人の高橋由伸監督=2017年6月9日、竹内幹撮影

 プロ野球・巨人の老川祥一オーナーは13日、高橋由伸監督(42)を3年契約最終年の来季も続投させる方針を示した。東京都内で開かれたオーナー会議後、「もう既に決まっていること。苦しい状況でも耐え抜いたことは高く評価すべきだ」と述べた。

 就任2年目の今季は5〜6月に球団ワースト記録を更新する13連敗を喫したが、現在はクライマックスシリーズ(CS)進出争いをしている。老川オーナーは「あの状態からよく追い上げてきた。今は目の前の一戦に勝つこと」と語った。

 昨季はレギュラーシーズン2位で、CSファーストステージで敗退した。【谷口拓未

注目の商品