0

好調ゴファンが好ゲーム制し決勝進出、2週連続ツアー優勝の可能性も。シュワルツマンをストレートで破り。[楽天ジャパンオープン]

2017年10月7日 15時20分 (2017年10月9日 16時46分 更新)

「楽天ジャパンオープン」シュワルツマンを下し決勝進出を決めたゴファン。

[拡大写真]

「楽天ジャパンオープン」(10月2日~10月8日/日本・東京/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第4シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と第8シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が対戦。ゴファンが7-6(3)、7-6(6)で勝利し、決勝進出を決めた。試合時間は2時間3分の熱戦。
両者の過去の対戦成績はゴファンの2勝1敗。ゴファンは直前の深圳オープンで、ドルゴポロフをフルセットで破り優勝を果たしていた。今大会では過去故障していた膝に不安を見せつつも、試合を追うごとに調子を上げている。対するシュワルツマンは今回が「楽天ジャパンオープン」初出場。試合前に「日本に自分のファンがこんなにいる事に驚いた」と語っていた。「全米オープン」ではマリン・チリッチ(クロアチア)を破ってベスト8入りをしていた。
◇   ◇   ◇
試合は今大会好調なプレイヤー同士。お互いのいいところを出し切り、引き締まった好ゲームとなった。
試合はゴファンのサービスエースからスタート。素晴らしいサーブが決まり、第1ゲームをキープ。一方のシュワルツマンはサーブが決まらないところもあったが、デュースの末に第2ゲームをキープ。彼は今大会、サービスゲームのほとんどをキープしている。その後は、鋭いサーブが冴えるゴファンと、粘り強いリターンでゆさぶるシュワルツマンの攻防が続く。お互い隙の無いプレーが続き、試合はタイブレークに突入。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品