0

クロアチア旅行2週間の【リアルなお金の話】ドゥブロヴニクは物価が高い!

2017年6月19日 16時00分 (2017年6月24日 09時24分 更新)
旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。今回は、クロアチアを2週間周遊した筆者が、実際にかかった旅の費用を大公開します。

世界遺産のプリトヴィツェ湖群国立公園やドゥブロヴニク旧市街をはじめ、自然と歴史がつまったクロアチアはいま大注目の旅先です。

訪問都市と滞在日数


2週間(14泊15日)の旅行で、ザグレブ、ヴァラジュディン、プリトヴィツェ湖群国立公園、ザダル、スプリット、シべニク、トロギール、フヴァル(フヴァル島)、スターリ・グラード(フヴァル島)、コルチュラ(コルチュラ島)、ドゥブロヴニク、モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、コトル(モンテネグロ)、ブドヴァ(モンテネグロ)の14都市を訪れました。

旅のスケジュールは次のとおり。


首都のザグレブに到着し、ザグレブに3泊。うち1日はザグレブ近郊のヴァラジュディンに足を延ばしました。ザグレブを出発し、プリトヴィツェ湖群国立公園を観光した後、その日はザダルに1泊。

スプリットに3泊し、スプリットからシべニクとトロギールへ日帰り旅行。その後、フヴァル島に2泊、コルチュラ島に1泊。

ドゥブロヴニクに4泊しているあいだ、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルと、モンテネグロのコトルとブドヴァを、それぞれ日帰りツアーを利用して訪れました。


渡航時期は5月下旬。クロアチア観光のトップシーズンは7~8月なので、旅行の時期を5月下旬や9月下旬などにするだけでも、渡航費や滞在費を大幅に抑えることができます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品