0

【世界遺産】巨人が造った世界屈指の奇景、ジャイアンツ・コーズウェイ

2017年8月19日 16時00分 (2017年8月23日 19時43分 更新)
雄大な自然景観が広がる北アイルランドのコーズウェイ・コースト。ここに「巨人が造った」という伝説が残るジャイアンツ・コーズウェイがあります。

6角形の石柱が無数に連なる風景は、まるで異次元に迷い込んだかのよう。世界遺産にして、世界十指に入る奇景を訪ねてみましょう。

世界屈指の奇景が広がる世界遺産、ジャイアンツ・コーズウェイ


イギリス領北アイルランド北部の沿岸部、コーズウェイ・コーストは、北アイルランドを代表する観光地。なかでも、ジャイアンツ・コーズウェイは、世界でも十指に数えられる奇景として知られており、その類まれなる自然景観から世界遺産にも登録されています。



大小の6角形の石柱が並ぶ様子は、自然の造形というよりもむしろ現代アートのよう。わが目を疑いたくなるほどに不思議な光景に、ただただ圧倒されます。



マグマと氷河が生み出した自然の芸術


これほどまでに特異な景観を造り上げたのは、数千万年前に端を発する大自然の営みです。およそ6000万年前に起こった地殻変動により、この地に膨大なマグマが流出しました。しだいにその溶岩台地に堆積物の層ができ、約1万5000年前になると、この大地は氷河で覆われます。

その後、長い歳月をかけて氷河が大地を削り、古い溶岩台地の地肌が露出したのが現在のジャイアンツ・コーズウェイなのです。



一口に「石柱」といっても、黄みがかったものや黒みがかったもの、背の低いものや高いもの、あるいは表面が丸みを帯びたものなどさまざま。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品