0

お見合いアプリで理想の相手と出会えるのか? 結婚詐欺の予感も…『脳スマ』

2017年8月11日 12時45分 (2017年8月14日 18時32分 更新)
8月10日、伊藤淳史主演の読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜23:59~)の第6話が放送された。今回、あちこちのドラマで名バイプレイヤーとして活躍する俳優の東根作寿英がゲスト出演していることから、ネット上では「東根作さんとか事件の予感しかしないw」「たしか(別のドラマで)医療詐欺かましてた人じゃんwww」などとトラブルが起きそうな気配をキャッチ。ドラマの展開に注目が集まった。

伊藤演じる折茂圭太はアパレル会社「エグザルトン」で働く冴えないサラリーマン。ところがある日、脳にスマホ機能が埋めこまれた”スマホ人間”に変身。他人のスマホ画面を覗き見ることができる能力を使い、社内で起こる様々なトラブルを解決していく。

第6話では、圭太の部下の蜂谷薫(野村麻純)がお見合いアプリで婚活をする。そこで出会った会沢聡(東根作寿英)は薫にとってまさに理想の男性だった。デートを重ね、付き合う寸前で、薫の先輩である臼田定子(ぼくもとさきこ)に「本当に大丈夫な相手か客観的な意見がほしい」と頼み、3人で会うことに。ところが会沢と定子を会わせたことで事態はよからぬ方向へ。その後、会沢と定子が2人きりで会い、謎の封筒の受け渡しをする。さらに会沢が定子への口説き文句をこっそりタブレットにメモするといった行動を、圭太が目撃するのだ。

これには、ネット上で会沢の結婚詐欺師疑惑が浮上。同時にこのお見合いアプリが個人情報漏洩の問題でニュースに取り上げられ、ますます疑いに拍車がかかる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品