KARAギュリ、あの「猿まね」サッカー選手と親密関係? ファンは複雑

2011年10月24日 12時00分 (2011年11月4日 23時15分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
サプライズ電話で意味深発言
KARAのギュリが、あの「猿まねパフォーマンス」で物議を醸したサッカー韓国代表キ・ソンヨン選手と親密な関係のようだ。

KARAは10月19日に韓国で放送されたバラエティ番組「黄金漁場 ラジオスター」に出演。各メンバーがそれぞれ親友にサプライズ電話をかけるというコーナーで、ギュリは、キ・ソンヨン選手に電話をかけたという。

20日付、asahi.comより引用すると
番組内で、突然サプライズ電話をかけるというコーナーでギュリは、韓国代表キ・ソンヨンに電話をかけた。すると、「実は昨日、おまえ…」と意味深に話を切り出し、MC陣を驚かせたキ・ソンヨン。動揺したギュリは、機転をきかせ「Honey」を歌い出し、キ・ソンヨンも一緒に歌い出すなど、仲睦まじい姿が放送された。

キ・ソンヨンはその後、MC陣に意味深な言葉の意味を問いただされるという一幕もあったが、人気歌謡番組をダウンロードした、と伝えようと思っただけなどと、やや釈然としない説明をした。

ファンは複雑な気持ち?
キ・ソンヨン選手は、今年1月に開催されたアジアカップ準決勝の対日本戦で、PKで得点した際に、韓国人が日本人を侮蔑するときに用いる「猿まね」を行い、議論の的に。その後Twitterで「観客席に旭日旗があったから」などと苦しい言い訳をしていたが、騒動が拡大化すると、「スコットランドのサポーターにから猿呼ばわりされている。そういう差別発言をする人たちに向けてやった」と前言を翻意。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)