「一生結婚できないかも?」生涯独身生活のために準備すべきこと

2012年5月20日 18時00分 (2012年5月22日 23時12分 更新)
「もしかしたら私、一生独身なんじゃないかしら?」
独身のアラサー女性ならば、一度はこんな不安にさいなまれたことがあるのではないでしょうか。生涯未婚率はどんどん上がっていますから決して他人事ではありません。
もし一生独身になってしまっても困らないためには何が必要なのでしょうか? 
生涯独身で生きるための6つの準備をご紹介します。

女性の10人に一人は生涯未婚の時代

2012年5月1日付の読売新聞に掲載された2010年のデータによると、50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合(生涯未婚率)は、男性20.1%、女性10.6%となっています。この年に初めて男性が2割、女性が1割台に達したと発表されました。そう、いまや女性の10人に1人は一生独身なのです!

もはや「生涯独身」は他人事ではありません。もしかして私も一生独身かも、という不安にさいなまれているアラサー女子のみなさま。こうなったら、生涯独身でも困らないために、今から準備をしておきましょう。

生涯独身で生きるためにやっておきたい7つのこと

●その1:好きな仕事につく

今の仕事はあなたが一生続けていきたい仕事ですか? 収入は十分ですか?
女性向け求人サイト『とらばーゆ』の調査によると、30歳女性が独身のまま85歳まで生きると仮定した場合、総額1億6450万円が必要なのだそう。それを確保するには、一年で100万の貯金が必要となり、最低でも手取り340万円(!)くらい必要だと提唱しています。

また、経済面ももちろんですが、せっかく一人で生きていくなら好きな仕事をしていきたいものです。今のうちに資格を取ったり、学校に通ったりして、なりたい職業にチャレンジしてみませんか? 

実際に筆者のまわりにも、30歳を越えて保育士の資格を取ったり、医師になるため大学に入りなおした女性もいますから遅くはありません。

●その2:結婚に結びつかない男と付き合う

アラサー女性が婚活に使うお金やエネルギーはそうとうのもの。でも、今まで結婚に固執していた気持ちを断ち切るため、いっそのこと恋愛対象を学生、自称ミュージシャンなどに切り替えてみてはいかがでしょうか。恋愛のみに集中することで、結婚に焦らず、平常心を保つことができます。

●その3:一生着れる服を買うようにする

流行の服ばかり着ていると、年齢とともに似合わない服が増えていきます。その現実に直面して年齢を意識してしまうと、行く先が不安になって落ち込んだりしますよね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品