もう逃げられない!フェイスブックで友達になると危険なひと5選

2012年7月10日 12時30分 (2012年7月12日 23時12分 更新)
フェイスブックで気軽に友達承認してしまったけれど「あぁ、間違ってしまったかも。これはウザい」と思ったことはありませんか? 誰彼かまわず承認しているとそんなことになります。一度承認してしまうと友達を切りづらいのも、これまたフェイスブックの罠……。
そこで、友達になると危険なひとの特徴をリサーチしてみました。

フェイスブックで友達になると危険なひと

フェイスブックで「このひととは友達になるんじゃなかった……」と後悔している方々のエピソードをご紹介します。あなたも友達承認は慎重に行ってください。

●その1:女にだけお誘いをする男

「毎月のように『××会(今回は七夕会だった)』とかイベントを作って、いちいち誘ってくる男。招待しているのは300人くらい、しかもほぼ女だけ。でも実際に参加予定なのは2人とか。誰も参加しないときもよくある。こんな寂しすぎる男、いらない」(30歳/ブライダル)

○「イベントを企画するのが好き」と言うわりに「出会いがない」と嘆いているひとは、薄っぺらい企画しか立てられていないという証拠。お誘いがウザくなる可能性が高いので、友達承認する際はよく見極めて。

●その2:ストーカー並みに探ってくる男

「基本情報(プロフィール)はもちろん、過去の投稿や写真をすべて見て解析したらしく、『君の住所、××町のあたりでしょ? 僕の予想は合っているはず』とメールしてきたひとがいる。1回イベントで会って、5分話しただけなのに……。恐怖すぎて泣いた」(26歳/広告)

○SNSで生活パターンを読まれ、ひとり暮らしの自宅が狙われる場合もあります。イベントで会ったぐらいの知人を承認しているのなら、あまりプライバシーに関することは投稿しないのがベター。プライベートも誠実に付き合える人物なのかよく見極めて。

●その3:朝活に誘ってくる女

「朝活にハマっているひとがいて、彼女はほぼ毎日参加しているっぽい。朝活やるのは勝手だけど、連日お誘いメッセージが送られてきてウザい。スルーしているけど携帯メールにまで『朝活たまにはどうです?』と、二段階で誘ってくる。やたら押しが強いから、断るのもおっくう」(31歳/エンジニア)

○好意で誘ってくれているのは分かりますが、善意のごり押しは断るのも一苦労。参加型の「朝活」や「勉強会」「異業種交流会」にハマっているひとは、友達も誘いたがる傾向にあるのでよく見極めて。

●その4:ブスな写真でもかまわずタグ付け投稿する男

「ソーシャル大好きって感じの男と、この前ごはんを食べたのね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」