「4低」男がモテる時代 そんな低依存の男は「女いらない」との声!?

2012年8月22日 23時00分 (2012年9月8日 11時15分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
モテる男の条件は「3平」から「4低」へ
女性が結婚相手に求める条件は、今度は「4低」すなはち「低姿勢、低依存、低リスク、低燃費」に。昨年もてはやされた「平穏、平均的な年収、平凡な容姿」の「3平」から変化したと、日刊ゲンダイが報じた。

低姿勢は「女性に威張らない」、低依存は「家事を女性に頼らない」、低リスクは「リストラされない」、そして4つ目の低燃費は「節約できる男」を指す。オリックス生命保険が実施した「節約生活とプチ贅沢(ぜいたく)に関する実態調査」により、男性に対する結婚相手の条件としてヒットした。

バブル期は「3高」すなはち「高身長、高学歴、高収入」の男性が大人気。昨今は、安定志向の世相を反映し、フツーの人である「3平」がターゲットに。そして今度は「4低」がもてはやされる時代が到来した。Photo by quinn.anya

女版「4低」は無いのか!?
このニュースに対し、「男側がこれを実践すれば、女は要らないという結論に達する 」「低依存、低リスク、すなはち結婚しないこと」といったように、そもそもそんな「4低」男は結婚しないのでは?という意見がネット上で飛び交った。

さらに、男性ばかり条件を求められて不公平という意見から、女版「4低」案も。「低干渉」は“夫の趣味に口出ししない”。「低要求」は“夫に家事や育児について多くを求めない”。「低リスク」は“うつ、ヒステリーを起こさず精神的に安定”。「低燃費」は“高額なプレゼントや海外旅行などを求めない ”という代案が出された。

「3平」を満たしている男性は、現代においては希少な存在。しかし、「4低」を満たす男性は意外と多い。視野を広げると、結婚相手のターゲットも広がるかもしれない。

元の記事を読む

関連記事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)