職務質問されたとき「絶対に言っちゃいけない」NG発言

2012年9月13日 17時00分 (2012年9月18日 18時11分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では、犯罪学者で元警視庁刑事の北芝健氏のお話をもとに、職務質問にあいやすい人物の特徴4つをお届けしました。
では、引き続き、運悪く職務質問にあった場合に、すぐに解放してもらう方法について紹介していきます。

■職務質問から即座に解放されるためには?
職務質問はあくまで“任意”で行われるべきものあって、警察官に従わなければならない義務があるわけではありません。
とはいえ、いきなり複数の警察官に取り囲まれて、あれこれ質問されては、どうすればいいのか分からず困惑してしまう人が多いことでしょう。
もし、本当に急いでいて、早く立ち去りたいという場合、どうすればいいのか? この場合、自分の名刺などを渡して、「急いでいるから、何か用があるならここにあとで連絡してほしい」と伝えるのが最適です。
警察官は、きちんと身分や連絡先を明かしている人間を、職務質問だからといって、その場に長く引き止めることはできません。場合によっては、その警察官が法的責任を問われることもあります。
ですから、名刺などを渡せば(なければ、メモ書きでもOK)、その場で解放となるはずです。逆に、「なんで質問に答えなきゃいけないんだ!」と意地を張って、自分の身分などを全く明かさないでいると、職務質問を長引かせることになりかねません。

■絶対に言ってはいけないNG発言はこれだ!
何らやましいことなどないのに職務質問を受けると、「犯罪者扱いかよ」とカチンとくることでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)