0

「目元がピクピクする」うっとうしい痙攣を止める方法6つ

2012年10月7日 20時30分 (2012年10月18日 18時44分 更新)

近年“なくてはならなくなったもの”といえば何が思い浮かびますか? 今、真っ先に携帯電話やパソコンと答えた人が多いはず! 携帯電話やパソコンは、仕事で使うだけではなくプライベートで人とコミュニケーションをとるために必要なツールですので、肌身離さず持ち歩くというのは珍しいことではありませんよね。

ですが、携帯電話やパソコンのしすぎが原因で、アノ不快な症状が起こるというのはご存知でしょうか? 今回は、目を酷使することで起こる“目元のピクピク”についてお話していきます。

 

■目元がピクピクする5つの理由

ふとした時に、「上下のまぶたがピクピクと痙攣しはじめた」という経験は誰しもあると思います。この目元のピクピクなのですが、止めようと思っても自分の意志とは関係なく続き、周りの人にも気づかれてしまうちょっと恥ずかしいもの……。

では、どういったときにこの症状が現れるのでしょうか? 

 

(1)仕事で疲労を感じたとき

(2)パソコン作業で目を酷使したとき

(3)携帯電話の画面を長時間見たとき

(4)寝不足のとき

(5)ストレスが溜まっているとき

 

目元がピクピク動くのは、一時的に血流に障害が起こるからです。その血流の障害を防ぐ簡単な方法がありますので、ご紹介します。

 

■目元をピクピクさせない方法

一度始まるとしばらく止まらない目元のピクピク。痛みがないとはいっても、痙攣が止まるまでは気になって作業もままならなくなりますよね。そんな不快な痙攣を抑えるための方法は下記の6つ。

 

(1)パソコン作業を中断し、目を休める

(2)温めたタオルを目の上に乗せて、血行を良くする

(3)指の腹を使い、上下のまぶたをピアノタッチするように優しくマッサージする

(4)睡眠をしっかりとる

(5)ストレスを上手に発散する

(6)カフェインは神経を高めるので、コーヒーやお茶を飲むのを控える

 

目元のピクピクは、短時間で治まったり、頻繁に起こらないのであれば大変な病気ではないそうです。とはいっても、頭痛や首のこり、肩こりに繋がる疲労のサインですので、軽く考えてはいけません。また、中には重大な病気が隠れていることもあるそう……。

耳や口元までしびれてきたり、痛みを伴うようになったら片側顔面痙攣や眼瞼麻痺の可能性もあるので、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

生活をする中で、どうしても酷使してしまう目。意識して休ませてあげるようにしたいものです。

 

【目元のお手入れ特集】

※ 超簡単にドライアイ解消!どこでもスッキリできる方法 

※ これで簡単に疲れがとれる!すぐできる疲れ目の疲れ目の解消法

「点眼時にまばたき」はダメ!? NGな目のケア方法8つ

 

気になる目のケアに!即日発送★アイライトパニックSOS 気になる目のケアに! 5250円以上で送…

あわせて読みたい

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品