0

当てはまったらアウト!一生貧乏かもしれない男の特徴9個【1/3】

2012年10月30日 19時00分 (2012年11月11日 20時45分 更新)

男も女も同等に働いて稼ぐ時代になったとはいえ、女性としてはやはり彼氏の懐事情は気になりますよね。とはいえ、よほど親密にならない限り、「あなたの貯金おいくら?」とズバリ切り込むのは憚られるでしょう。

また、貯金は収入と支出の差額によるので、一見稼いでいるようでも、内実はどうかわかりません。「この人ならエリートだから大丈夫」なんて油断をしていたら、結婚後に貯金がゼロどころか借金まであることが発覚して愕然とすることも……。

そこで、株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表の田口智隆さんの著書『お金が貯まらない人の悪い習慣39』から、一生貧乏かもしれない男性の特徴9個を3回にわたって紹介していきます。

 

■1:家に帰るとまずテレビをつける

<はっきり言って、テレビは“時間泥棒”だ。

テレビをつけっ放しにしておくと、「つまらない」「くだらない」と文句を言いつつも、ついダラダラと見てしまう。その間、あなたの大切な時間が、どんどん垂れ流されているのだ。

(中略)

テレビのつけっ放しをやめれば、その時間をすべて、自分を成長せせるための時間に使える。

本を読んだり、勉強をしたり、お金を貯めるために必要な知恵を蓄えたり。こうした生活を1カ月続けるだけで、60~90時間も使える計算になる。これならたいていの分野で、大幅に成長できるはずだ。>

特に独り暮らしをしていると、寂しさもあいまって、帰宅すると反射的にテレビをつけてしまう人も多いかもしれません。「食事の間だけ」「ちょっとニュースを見るだけ」のつもりが、つい2時間も3時間もダラダラ見続けてしまうことがよくあるのではないでしょうか。

家に帰るとすぐテレビをつけてしまうほどテレビに依存している場合は、思い切ってテレビを処分してしまうのもいいかもしれません。

 

■2:あれこれと理由をつけて運動をしない

<率先して運動をして、自分だけで健康管理ができるくらいの人間でなければ、決してお金を貯めることはできないのだ。

(中略)

以前、メンタルクリニックの医師に聞いた話だが、定期的に運動をしている人は、ストレスもたまりにくいそうだ。

ストレスがたまらなければ、浪費も減る。ストレス発散のための、暴飲暴食や衝動買いが減るからだ。こうなれば、貯金もできるようになる。>

“脂ギッシュなオヤジ=金持ち”というイメージもあります。ところが、自分の健康管理もできないような人は、かりに稼ぎはよくても、出費のほうも相当な額にのぼりそうです。不摂生がたたって病気にでもなろうものなら、医療費がかさむうえに、その間の収入もゼロになってしまいます。

運動が大事といっても、別にわざわざスポーツジムに通う必要はありません。エレベーターでなく階段を使うようにするとか、通勤途中のひと駅分を歩くようにするとか、日常にちょっとした運動をとりいれるだけでも効果はあります。

「時間がない」などと言い訳して、それさえもできない人は、健康の管理もお金の管理もできない“隠れ貧乏”のおそれが高いといえるでしょう。

 

■3:パソコンのデスクトップがすっきり整理されていない

<デスクトップがゴチャゴチャしている人は、頭の中までゴチャゴチャなものだ。

(中略)

ミスを犯したくなければ、デスクトップを整理するとともに、頭の中までクリーンにしておく必要がある。そうすればおのずと仕事がはかどり、人から信頼され、給料がアップし、お金も貯まっていく。>

同書では、パソコンのデスクトップを整理していなかったがために、誤って女性にエロ画像を送りつけたり、顧客情報を外部に漏らしてしまったりした男性のケースが紹介されています。

「そんなドジは踏まないよ」という自信がある人でも、やはり自分のパソコンの整理整頓もできていないと、必要なファイルをすぐにとりだすことができないなどの支障が生じるのではないでしょうか。

ぜひ彼のデスクトップの画面をチェックしてみましょう。まさか壁紙の識別ができないほど、アイコンだらけなんてことはありませんか?

 

まずは、一生貧乏かもしれない男性の特徴9個のうち3個をお届けしましたがいかがでしたか? 次回はさらに3個の特徴を紹介していきます。

 

【一生貧乏な男の特徴】

当てはまったらアウト!一生貧乏かもしれない男の特徴9個【1/3】

当てはまったらアウト!一生貧乏かもしれない男の特徴9個【2/3】

当てはまったらアウト!一生貧乏かもしれない男の特徴9個【3/3】

 

【参考】

田口智隆(2010)『お金が貯まらない人の悪い習慣39』 マガジンハウス

あわせて読みたい

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品