夫へのストレスが苦痛で耐えられないときの対処法

2013年1月8日 23時00分 (2013年1月12日 11時11分 更新)
結婚している女性の5人に1人が経験するといわれるうつ病や精神疾患。それらの原因には、無神経で鈍感な夫の言動や夫の存在そのものがあるという説もあります。
夫自体が最大のストレス源になり、多くの妻が苦しむ、この症状を“夫源病”といいます。夫に対する嫌悪感やイライラが増大すると症状はかなり悪化してきます。
特に、更年期の女性は心身ともにストレスに対して弱くなっているので、「いつか離婚してやる」「早く死ねばいいのに」などと鬱々と考えている女性は危険です。こうなると改善が難しく、夫から距離を置く以外に方法はありません。しかし、既婚女性が1人で外出しようとしてもなかなか困難ですよね。

前回前々回では、夫源病の恐ろしさや軽度の場合の対処法をご紹介しました。
今回は、夫源病の改善が困難な場合の”非常手段”について、大阪大学大学院 医学系研究科准教授の石蔵文信さんの著書『妻の病気の9割は夫がつくる』をもとに、ご紹介したいと思います。

■まずは夜の外出からはじめてみる
「妻が夫の世話をするのは当然だ」と思っている夫の場合、いきなり距離を置くのは困難です。まずは、身近にできることからはじめてみます。
たとえば、飲み会など夜間を空ける時間をつくることからはじめてみましょう。次に1泊の外泊、そして次第に長期旅行など、少しずつ距離を置く時間を長期にして慣らしていくといいです。

■「医師の命令」と押し切る
外出が多くなると、夫から文句をいわれたり、理由を聞かれたりすることもあります。そんなときは、「医師からの命令だから」といいましょう。
「今の症状を治すには、旦那さんと離れる時間をもつことが必要だ、と医師からいわれた」と説明すれば、夫から文句をいわれるのを防ぐことができます。

■夫の身の回りの世話はしない
これまで熱心に夫の世話をしてきた人は、家を留守にする間、夫の身の回りのことが心配になるかもしれません。最初のうちは食事を用意して外出してもいいかもしれませんが、慣れるためにも「後はよろしくお願いします」と、放置するのがベストです。
これは、夫が自分で身の回りのことをする機会でもあり、妻への依存を減らすきっかけになるので夫のためでもあります。

■外出中は夫と連絡をとらない
外出の目的は、夫から距離を置く機会をつくることです。なので、電話やメールで連絡をとるのをやめましょう。外出中は夫のいない時間を満喫し、帰ったら、「留守ありがとう」の一言で夫を褒めてあげます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品