0

“初恋チーク”で男ゴコロをつかむ!? 「美塾」のメイクレッスン☆

2013年2月13日 17時50分 (2016年3月23日 23時33分 更新)
もうすぐバレンタインデー。男性へのプレゼントを選んだり、想いを告げる準備をしたりと、女子にとって何かと忙しくなる時期。でも、2月14日をとっておきの1日にするためには自分磨きも大切ですよね。そこで、自身の魅力を活かしたメイクのほか、相手に好印象を与える仕草なども教えてくれると評判のメイク教室「美塾」の体験レッスンに参加してきました。

表参道校・代表の河村慎吾さんによると、「美しい人は眉とチークが上手」とのこと。なんと、多くの女性は眉の濃さや長さ、チークを入れる位置などを間違えているのだそう。河村さんはさっそく筆者に、「眉の色が明るすぎるし、ちょっと短いかな」と指摘。自分では時間をかけているぶん、できあがりにも満足していたのに……。普段は気づきづらいパーツに目を向けることができました。

そして「これが似合うよ」と、ブラックに限りなく近いブラウンのパウダーをすすめてもらい、眉の中央からブラシを左右上下に細かく動かしながら塗っていきます。これまでペンシルを使って一本一本なぞるように描いていた筆者。教えてもらったとおりにやってみると、できあがりが全然違う! よりナチュラルで立体的な眉になりました。ほかの生徒さんからも「そっちのほうがいい!」「色が合ってる!」とお褒めの言葉をいただきました。

お次はチーク。ニコッと笑ったときにいちばん高くなる部分にチークブラシを寝かせて当てます。しかし、どうしてもブラシが立ってしまう私に「ほら、また立ってるよ!」と河村さんから指導が! ブラシを離さずエラのほうへ向かってすべらせ、あごからこめかみまで軽く伸ばします。

さらに、河村さんオススメのテクが“初恋チーク”。「頬のいちばん高い部分にブラシを乗せたら、ちょっと顔の内側にずらします。こうすることで男性が好きな“素人っぽさ”、つまり隙が表現できるんです」と河村さん。残念ながら、ばっちり決めたメイクは男性には不評なんだそう。なるほど、これはイイこと聞きました!

メイクの次は、魅力的にうつる仕草のレッスン。名づけて“やっと会えたね”の法則です。河村さんによると、「人と会ったときは必ず『あ! ○○さ~ん!』というように『あ』を高めからはじめましょう。声の抜けがよくなり、明るい印象になります」と秘訣を教えてくれました。このとき大事なのは、「やっと会えたね」という表情を作ること。「あなたに好意がありますよ」というアピールになるので、初対面でも距離が縮まりやすくなるのだとか。さらに「男性には所有欲があるから、会話をするときも及び腰にならず前傾姿勢を心がけたほうがいいですよ」とのアドバイスもいただきました。

あっという間に2時間の体験レッスンが終了。河村先生の人なつっこいキャラクターと、これまでの固定概念をくつがえすメイク理論にすっかり魅了されてしまいました! 誰でも簡単にできるのに、ガラッと表情が変わる美塾のメイクレッスン。バレンタインデーに向けて、魅力アップのコツをぜひ取り入れてみては?

●口コミで話題! 25歳からのメイク教室「美塾」
3,000円で変われる体験レッスンなど、詳しくはこちら http://bi-juku.jp/wp/

立原麻里+プレスラボ)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品