“お世継ぎ誕生”の重圧、産み分け術リサーチ。出生前の性別チェックに踏み切った海老蔵&麻央夫妻の胸中とは

2013年2月14日 18時00分 (2013年2月26日 18時55分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ママの皆さんは妊娠中、お腹の赤ちゃんの性別は知っていましたか?「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」という思いから、最近では産み分けにトライする夫婦も多いそう。”跡取り”のプレッシャーを抱える海老蔵・麻央夫妻にとっても、人ごとではなかったようです。

先日、肺炎で亡くなられた十二代目市川團十郎さん。團十郎さんが生きる糧として楽しみにしていたのが、3月に控える海老蔵・麻央夫妻の第2子誕生でした(夫妻には2011年7月に長女が誕生)。歌舞伎の名門一家にとって、“後継者の誕生”を意味する男子誕生が待望されるのは当然で、團十郎さんも男子誕生を待ち望んでいたそう。

團十郎さんの父である十一代目は海老蔵さんの誕生前に亡くなっていたために、親子3代で舞台に上がることは叶いませんでした。だからこそ團十郎さんの中で、“自分は”という思いは強かったよう。そんな團十郎さんの願いを知っているからこそ、麻央さんは大きなプレッシャーを感じていたようです。

「麻央ちゃんは男女の産み分け術などの本を読みあさったり、お医者さんに相談したりと、かなり勉強していましたね。初代團十郎が成田山を参拝したこ とで男子を授かったと聞けば参拝に行ったりとか、とにかく“男子を産まなきゃ”という思いに駆られていました」(歌舞伎関係者)

“お世継ぎ誕生”の重圧に押し潰されそうな麻央さんに対して、海老蔵さんからはこんな言葉が。

「海老蔵さんは““おれは男の子でも、女の子でもどちらでも構わない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)