当てはまると危険!インターネット依存症の兆候10個

2013年3月3日 16時00分 (2013年3月5日 19時11分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースなどの情報を得たり、気になることを検索したり、あるいはSNSやショッピングを楽しんだりなど、インターネットはもはや我々の生活に欠かせない存在ですよね。
ただ、インターネットのおかげで便利になる反面、ネットに溺れて心身に異常をきたしたり、生活に支障が生じたりといった“インターネット依存症”の問題も深刻化しつつあります。
依存症というのは、本人に自覚がないまま症状が進行するのが恐ろしいところ。そこで、当記事では、ゆうメンタルクリニックのWeb漫画『マンガで分かる心療内科』をもとに、インターネット依存症の兆候10個をお届けしたいと思います。

■こんな人は要注意! インターネット依存症の兆候とは?
『マンガで分かる心療内科』では、インターネット依存症の兆候として、以下の10項目を挙げています。
(1)気がつくと、思っていたより長くネットをしていることがある
(2)ネット中に、そろそろやめようとしても、やめられないことがある
(3)誰かと過ごしたりするよりもネットを選ぶことがある
(4)やるべきことがあっても、先にネットをチェックすることがある
(5)ネットのために仕事や勉強の能率や成果が低下したことがある
(6)ネットで新しい仲間を作ることがある
(7)日々の心配やストレスがネットをしていると落ち着くことがある
(8)ネット中にジャマされると、イライラしたり怒ったりしたことがある
(9)もしネットがなければ、生活は退屈でむなしく、つまらないだろうと思う
(10)普段の生活でも、ネットのことばかり考えていることがある

以上10個の兆候のうち、あなたはいくつ当てはまりましたか? 10個のうち5個以上が「YES」の場合、インターネット依存症であるおそれが高いのだそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)