0

「やせにくい体」からの脱却! カギは“酸素を増やす”入浴法!?

2013年4月4日 16時55分 (2013年4月13日 23時43分 更新)
こんにちは、ライターの操です。これまで、ついてしまった脂肪を撃退するため食事をメインにしたダイエットに挑戦してきました。専門家のアドバイスに従って順調に体重を落とし、【前回】は味覚の組み合わせで食欲を抑える方法もマスター。いい感じに体重をキープしているものの、自分のボディに自信があるかと言われれば……。

確かに全身スッキリした感じはありますが、それでも相変わらず気になる部分がプニプニしたまま。二の腕、下っ腹、下半身……。これって体質的にやせにくいってこと!?

しかも、新生活の季節になり新しい仕事で忙しく、歓迎会や飲み会も増加。食事だけでなく生活リズムそのものまで崩壊寸前。冬にがんばった体が、再び脂肪に覆われるのももはや時間の問題(焦り)。

理想はもっとスリムに、気になるプニプニ脂肪はきっちり落としたい! 新生活のバタバタでリズムは乱れがちですが、そんなときでも挑戦できる手軽なケアを探して出合ったのが、「入浴でやせにくい体質を改善する」という情報。入浴するだけならカンタン♪ という訳で、今回は入浴方法や睡眠改善を五輪アスリートや著名人に指導している、バスクリンの広報・石川泰弘さんに話を伺いました。

新生活の落とし穴!? やせにくい体質になっていないかチェック!
操「入浴するだけのダイエットなら、私にもできそうです。やせる入浴剤を使うとか、脂肪モミ出しマッサージとか、半身浴を毎日するとかですか?」

石川さん「実は、どれも不正解です。みなさん入浴でダイエットというと、そういうイメージを持たれますが、断片的であやふやな知識が巷にあふれ、入浴効果を最大限に引き出す方法や正しいメカニズムがわかっていないんですよね。日本人の健康とダイエットに入浴が不可欠なのは科学的に証明されていますので、これからそれをお伝えします」

操「えっと、難しい話になりそうですか? 私、パパッとマッサージとかで脂肪を撃退したいのですが……」

石川さん「“やせやすい体”になりたいのなら、脂肪をもみほぐすだけではいけません。やせる体質づくりへの近道は“体の酸素量を増やすこと”です。でも、それには毎日の入浴が欠かせません。結局のところそんなに難しいことではありませんので安心して。酸素が体に必要なメカニズムを伝える前に、チェックリストをやってみましょう」

“やせにくい体”をつくる!? 新生活のNGチェック
□ 環境が変わって忙しく生活リズムが乱れている
□ 睡眠が足りない
□ 寝つきが悪い
□ 朝食を食べない、朝は食欲がわかない
□ 体の疲れが取れない
□ 入浴はシャワーですませる
□ 熱めの湯船に浸かるのが好き
□ 半身浴が好き
□ 季節に関係なく体が冷える

>2.【あなたの診断結果は?】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品